ウォーターサーバーの水の種類は天然水とRO水どちらが良いか

ウォーターサーバー(宅配水)の水には、天然水とRO水があります。

天然水は、ペットボトルとかでもおなじみですね。RO水はそこまで知名度があるものではない気がします。RO膜というとても強力なフィルターを通した水がRO水です。RO膜によってミネラル分までろ過してしまうため、後でミネラルを追加することもあります。

RO水の原料は何でできているかというと、水道水や天然水です。ウォーターサーバーのボトルの方式は主に2種類で、回収式のリターナブルと、使い捨てのワンウェイです。

リターナブルの良いところは、ボトル再使用により代金が安くなることです。配送は宅配業者ではなく自社のため、不在の際は玄関前にボトルを置いて行かれます。

天然水は利用できず、RO水しか選べません。ワンウェイボトルになると、天然水がたのしめます。配送は宅配業者のため、日時指定や再配達が利用できます。邪魔な空きボトルは、保管せずに捨ててしまえば問題ありません。

ウォーターサーバーを、ペットボトルボトル・水道水・浄水器と比べてみたいと思います。

まず水道水と比較すると、おいしさの面でウォーターサーバーが良いでしょう。利便性も上回ります。料金は水道水の方が安いです。水道水にはカルキが含まれるので、殺菌作用も強いです。

浄水器と比較した場合、水のおいしさと利便性において、ウォーターサーバーが勝ちます。

料金と設置スペースは、浄水器に負けます。ペットボトルと比較すると、自宅ではウォーターサーバーが勝ちます。外出時にはペットボトルには勝てません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です