ウォーターサーバー・宅配水の替えボトル宅配方式について

主なウォーターサーバーのボトル方式は、業者が回収するリターナブルか、使い捨てのワンウェイ方式です。リターナブルでは、ボトルが再利用されるためボトル代金が安いです。配送は自社で行い、宅配業者ではないため、不在時にボトルが玄関前に置かれてしまいます。天然水はなく、水の種類はRO水に限定されます。天然水が飲みたい場合はワンウェイボトルになります。

宅配業者が配送するため、配送日時指定や、再配達を利用することができます。空きボトルは、保管する必要はなく、ゴミとして捨てることができます。ウォーターサーバーは、良いところと悪いところ、それぞれどんなものがあるのでしょうか。まずはメリットからです。おいしくて冷たいお水をすぐに飲むことができます。熱いお湯が瞬時に出てくるのでかなり使い勝手が良いです。

災害時の備蓄水のかわりとしてもとても便利です。デメリットとしては、毎月お金がかかってしまいます。狭い部屋でサーバーの設置場所を確保するのは大変です。ウォーターサーバーは、水道水や浄水器、ペットボトルボトルと比較するとどれが良いのでしょうか。ウォーターサーバー(宅配水)は水道水よりも当然ながらおいしさの点で有利です。利便性も上回ります。

当然料金は水道水に負けます。殺菌という意味では、カルキが含まれる水道水の方が良いです。浄水器と比べてみると、水のおいしさと利便性において、ウォーターサーバーが勝ちます。料金と設置スペースは、浄水器に負けます。ペットボトルと比べると、自宅ではウォーターサーバーが勝ちます。外出が多い場合は、ペットボトルが良いでしょう。

宅配水と比較した時の水道水・浄水器・ペットボトルのメリット・デメリット

ペットボトルボトル・水道水・浄水器と比べてウォーターサーバーはどのように違うのか気になりませんか。

水道水と比べた場合、当然ながらウォーターサーバーの方がおいしい水が飲めます。

利便性が良いということもあげられます。当然料金は水道水に負けます。殺菌という意味では、カルキが含まれる水道水の方が良いです。浄水器と比べた場合には、ウォーターサーバーの方が、水が美味しく、利便性が高いです。設置場所とコストは浄水器には勝てません。

ペットボトルと比較すると、自宅ではウォーターサーバーが勝ちます。外出が多い場合は、ペットボトルが良いでしょう。ウォーターサーバーでは、天然水かRO水が主な水の種類です。天然水は、よくあるミネラルウォーターです。RO水というのは、聞きなれない言葉かもしれません。

RO水は、RO膜という高性能なフィルターで不純物を取り除いています。RO膜を通すことでミネラルがなくなってしまうので、ミネラルをその後に足していることもあります。RO水は、水道水だけでなく、天然水から作られることもあります。ウォーターサーバー(宅配水)には、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

まずは良い点を紹介します。おいしくて冷たいお水をすぐに飲むことができます。温かいお湯がすぐに利用できるのはかなり助かります。災害時の備蓄水のかわりとしてもとても便利です。デメリットとしては、毎月お金がかかってしまいます。サーバーを置く場所が必要となるのもデメリットです。

ウォーターサーバーの水道水やペットボトルとの比較

ウォーターサーバーを、ペットボトルボトル・水道水・浄水器と比べてみたいと思います。

ウォーターサーバー(宅配水)は水道水よりも当然ながらおいしさの点で有利です。利便性という点でも優位です。料金では水道水に勝てません。殺菌という意味では、カルキが含まれる水道水の方が良いです。浄水器と比べてみると、水がおいしく、利便性が高いことがウォーターサーバーの有利な点です。浄水器が勝つのは、設置スペースと料金の点です。ペットボトルと比較すると、ウォーターサーバーは自宅内では良いでしょう。

外出する際は、ペットボトルが勝ちます。ウォーターサーバーのメリットとデメリットを紹介します。まずはメリットからです。冷たく、おいしい水が自宅ですぐにだせます。温かいお湯がすぐに利用できるのはかなり助かります。災害がおこった時に、備蓄水としてつかうのもよいです。デメリットとしては、毎月お金がかかってしまいます。部屋が狭いとサーバーの設置スペースをとるのも一苦労です。

ウォーターサーバー(宅配水)の水には、天然水とRO水があります。天然水は、よくあるミネラルウォーターです。RO水というのは、聞きなれない言葉かもしれません。RO水は、RO膜という非常に強力なフィルターを通した水です。RO膜を通すことでミネラルがなくなってしまうので、ミネラルをその後に足していることもあります。RO水の原料は何でできているかというと、水道水や天然水です。

ウォーターサーバーは回収式とリターナブル方式どちらにするべきか

ウォーターサーバーのボトルには、回収式のリターナブルボトルと、使い捨てのワンウェイボトルがあります。

リターナブルの良いところは、ボトル再使用により代金が安くなることです。配送は宅配業者ではなく自社のため、不在の際は玄関前にボトルを置いて行かれます。

天然水は利用できず、RO水しか選べません。天然水が飲みたい場合はワンウェイボトルになります。配送は宅配業者のため、日時指定や再配達が利用できます。空きボトルは、保管する必要はなく、ゴミとして捨てることができます。ウォーターサーバーのよくある水は、天然水か、RO水の場合が多いです。

天然水は、ペットボトルとかでもおなじみですね。RO水とは、どんなものなのでしょうか。RO膜というとても強力なフィルターを通した水がRO水です。RO膜によるろ過でミネラル分も失われるため、後工程でミネラルを追加するという場合もあります。RO水は、水道水だけでなく、天然水から作られることもあります。

ウォーターサーバーの良い点と悪い点をまとめてみました。メリットを上げていきます。おいしくて冷たいお水をすぐに飲むことができます。熱いお湯が瞬時に出てくるのでかなり使い勝手が良いです。災害がおこった時に、備蓄水としてつかうのもよいです。当然ながら、毎月料金がかかるのわデメリットになるでしょう。サーバーの設置スペースも確保する必要があります。

ウォーターサーバーの水の種類は天然水とRO水どちらが良いか

ウォーターサーバー(宅配水)の水には、天然水とRO水があります。

天然水は、ペットボトルとかでもおなじみですね。RO水はそこまで知名度があるものではない気がします。RO膜というとても強力なフィルターを通した水がRO水です。RO膜によってミネラル分までろ過してしまうため、後でミネラルを追加することもあります。

RO水の原料は何でできているかというと、水道水や天然水です。ウォーターサーバーのボトルの方式は主に2種類で、回収式のリターナブルと、使い捨てのワンウェイです。

リターナブルの良いところは、ボトル再使用により代金が安くなることです。配送は宅配業者ではなく自社のため、不在の際は玄関前にボトルを置いて行かれます。

天然水は利用できず、RO水しか選べません。ワンウェイボトルになると、天然水がたのしめます。配送は宅配業者のため、日時指定や再配達が利用できます。邪魔な空きボトルは、保管せずに捨ててしまえば問題ありません。

ウォーターサーバーを、ペットボトルボトル・水道水・浄水器と比べてみたいと思います。

まず水道水と比較すると、おいしさの面でウォーターサーバーが良いでしょう。利便性も上回ります。料金は水道水の方が安いです。水道水にはカルキが含まれるので、殺菌作用も強いです。

浄水器と比較した場合、水のおいしさと利便性において、ウォーターサーバーが勝ちます。

料金と設置スペースは、浄水器に負けます。ペットボトルと比較すると、自宅ではウォーターサーバーが勝ちます。外出時にはペットボトルには勝てません。

ウォーターサーバー・宅配水のおすすめの選び方について

ウォーターサーバーがほしいと思ったあなた。

ただ、ウォーターサーバー業者は山のようにあります。

適当に選んではいけません。飲み終わったボトルの問題とか、契約とか、思わぬ失敗をしてしまいます。

そこで、このサイトでは、ウォーターサーバーの失敗しない選び方を紹介します。

この記事を読めば、ウォーターサーバーを選ぶ上で必要な知識は得られるはずです。

 

ウォーターサーバのメリットとデメリットについて

ウォーターサーバー(宅配水)のメリットとデメリットを紹介します。

 

まずは良い点を紹介します。自宅ですぐにおいしく冷たい水を飲めます。

熱いお湯が瞬時に出てくるのでかなり使い勝手が良いです。

災害時の備蓄水のかわりとしてもとても便利です。

 

当然ながら、毎月料金がかかるのわデメリットになるでしょう。

サーバーを置く場所が必要となるのもデメリットです。

 

ウォーターサーバーの水道水・浄水器・ペットボトルとの比較

ウォーターサーバー(宅配水)は、水道水や浄水器、ペットボトルボトルと比較するとどれが良いのでしょうか。

 

ウォーターサーバーを水道水と比較すると、おいしいということが一番のメリットです。

利便性が良いのもポイントです。

 

料金では水道水に勝てません。

殺菌の点においては、水道水にはカルキが含まれているため有利です。

 

浄水器との比較においては、ウォーターサーバーの方が、水が美味しく、利便性が高いです。

設置場所とコストは浄水器には勝てません。

 

ペットボトルと比較すると、自宅ではウォーターサーバーが勝ちます。

外出時にはペットボトルには勝てません。

 

ウォーターサーバーのボトル方式・ワンウェイとリターナブルの比較

ウォーターサーバーのボトルには、回収式のリターナブルボトルと、使い捨てのワンウェイボトルがあります。

 

リターナブルの場合、ボトルを再使用することで、ボトルが安くなります。

宅配業者に委託せず、自社での配送のため、不在時は玄関前にボトルが置かれます。

天然水は利用できず、RO水しか選べません。

 

ワンウェイボトルの場合、天然水を飲めます。

配送は宅配業者のため、日時指定や再配達が利用できます。

空きボトルは、保管する必要はなく、ゴミとして捨てることができます。

 

ウォーターサーバー・宅配水の失敗しない選び方

以上、いかがでしたでしょうか。

ウォーターサーバーを選ぶ基準はわかったと思います。

実際にどの業者を選べばよいか、ウォーターサーバーの比較サイトを利用しましょう。

下記のサイトが参考になります。

ウォーターサーバー比較まにあ