ウォーターサーバー・宅配水のおすすめの選び方について

ウォーターサーバーがほしいと思ったあなた。

ただ、ウォーターサーバー業者は山のようにあります。

適当に選んではいけません。飲み終わったボトルの問題とか、契約とか、思わぬ失敗をしてしまいます。

そこで、このサイトでは、ウォーターサーバーの失敗しない選び方を紹介します。

この記事を読めば、ウォーターサーバーを選ぶ上で必要な知識は得られるはずです。

 

ウォーターサーバのメリットとデメリットについて

ウォーターサーバー(宅配水)のメリットとデメリットを紹介します。

 

まずは良い点を紹介します。自宅ですぐにおいしく冷たい水を飲めます。

熱いお湯が瞬時に出てくるのでかなり使い勝手が良いです。

災害時の備蓄水のかわりとしてもとても便利です。

 

当然ながら、毎月料金がかかるのわデメリットになるでしょう。

サーバーを置く場所が必要となるのもデメリットです。

 

ウォーターサーバーの水道水・浄水器・ペットボトルとの比較

ウォーターサーバー(宅配水)は、水道水や浄水器、ペットボトルボトルと比較するとどれが良いのでしょうか。

 

ウォーターサーバーを水道水と比較すると、おいしいということが一番のメリットです。

利便性が良いのもポイントです。

 

料金では水道水に勝てません。

殺菌の点においては、水道水にはカルキが含まれているため有利です。

 

浄水器との比較においては、ウォーターサーバーの方が、水が美味しく、利便性が高いです。

設置場所とコストは浄水器には勝てません。

 

ペットボトルと比較すると、自宅ではウォーターサーバーが勝ちます。

外出時にはペットボトルには勝てません。

 

ウォーターサーバーのボトル方式・ワンウェイとリターナブルの比較

ウォーターサーバーのボトルには、回収式のリターナブルボトルと、使い捨てのワンウェイボトルがあります。

 

リターナブルの場合、ボトルを再使用することで、ボトルが安くなります。

宅配業者に委託せず、自社での配送のため、不在時は玄関前にボトルが置かれます。

天然水は利用できず、RO水しか選べません。

 

ワンウェイボトルの場合、天然水を飲めます。

配送は宅配業者のため、日時指定や再配達が利用できます。

空きボトルは、保管する必要はなく、ゴミとして捨てることができます。

 

ウォーターサーバー・宅配水の失敗しない選び方

以上、いかがでしたでしょうか。

ウォーターサーバーを選ぶ基準はわかったと思います。

実際にどの業者を選べばよいか、ウォーターサーバーの比較サイトを利用しましょう。

下記のサイトが参考になります。

ウォーターサーバー比較まにあ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です