ウォーターサーバーが不衛生にならないための雑菌対策

ウォーターサーバーのよくある水は、ミネラル水か、RO水の場合が多いです。
天然水は、ペットボトルとかでもおなじみですね。
RO水をはじめて聞く方は少なくないと思います。

RO水は、RO膜という非常に強力なフィルターを通した水です。
RO膜によってミネラル分までろ過してしまうため、後でミネラルを追加することもあります。
RO水の原料は何でできているかというと、普通の水や天然水です。

ウォーターサーバーは、良いところと悪いところ、それぞれどんなものがあるのでしょうか。まずはメリットからです。

自宅ですぐにおいしく冷たい水を飲めます。
温かいお湯をすぐ使えるのは想像以上にありがたいです。災害がおこった時に、備蓄水としてつかうのもよいです。デメリットとしては、毎月お金がかかってしまいます。狭い部屋でサーバーの設置場所を確保するのは大変です。

ウォーターサーバーは、水道水や浄水器、ペットボトルボトルと比較するとどれが良いのでしょうか。
水道水と比べた場合、当然ながらウォーターサーバーの方がおいしい水が飲めます。

利便性が良いということもあげられます。

料金が安いのは普通の水です。

水道水はカルキのお陰で、殺菌効果もよい高いです。
浄水器と比較した場合、ウォーターサーバーの方が、水が美味しく、利便性が高いです。料金と設置スペースは、浄水器に負けます。ペットボトルと比べた場合は、自宅ではウォーターサーバーが勝ちます。

外出する際は、ペットボトルが勝ちます。

ウォーターサーバーのデメリットとして、サーバー内部が雑菌の繁殖しやすい環境のため、不衛生であるという意見を聞きます。

参考となるサイトを紹介します。

ウォーターサーバー 不衛生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です