女性はどのように育毛剤を選べばよいか

「育毛剤なんてオジサンが使うものでしょ」なんて思っていませんか?今では女の人専用の育毛剤もあるんです!異性間では毛髪が薄くなる原因が違っていますから、育毛剤の中で、男女兼用として開発されたものを使うよりも女の人のために開発された育毛剤の方が成果が出やすいということがあります。
しかしながら、男女兼用の育毛剤を使用してその効果を実感できる方もいますので、相性にも左右されます。
「もしかして薄くなってる?」と思ったら少しでも早く育毛剤を使用することが薄毛対策には重要です。

 

育毛剤の主な配合成分をこれからせつめいします。まずは男性型脱毛症を予防する成分についてです。
男性型脱毛症は、ジヒドロテストステロンによって引き起こされます。ジヒドロテストステロン抑制効果がある、有名なものはフィナステリドです。

 

プロペシアとして呼ばれているのが、医薬品のフィナステリド製剤です。

似たような効果がある成分が、市販の医薬部外品などにも配合されています。

 

具体的にいうと、チョウジエキス、ビワ葉エキスやオウゴンエキス、ヒオウギエキス、キャピキスル等があります。さらに、育毛サプリによく含まれている亜鉛、ノコギリヤシやイソフラボンについても同様の効果が期待できます。

ミノキシジルというのは、発毛効果があるとして有名な成分です。

似たようなものとして、ニンジン抽出液、海藻エキス、センブリ抽出液やゲンチアナエキスやキャピキシル等があります。

 

育毛サプリメントの主な配合成分をこれから説明していきます。

 

第一として、男性型脱毛症予防効果が期待される成分の解説です。ジヒドロテストステロンが、男性型脱毛症を引き起こしています。ノコギリヤシエキスは、ジヒドロテストステロン抑制を目的として、育毛サプリメントに良く配合されています。

 

他には、同じような働きをするとされる成分として、フィーバーフューや亜鉛、イソフラボンがあります。
血流改善が期待される成分も、発毛促進のためにかなり重要です。
髪の毛の構成要素となる成分のBCAAは、必須アミノ酸のイソロイシンやロイシン、バリンです。
大豆のイソフラボンと辛いカプサイシンによるIGF理論というものがあり、、髪の毛の発毛を促すサプリとかも。

髪を合成する成分として、ケラチンなど、紙にタンパク質を補うサプリもあります。
こういった成分は、食事だけでがんばって摂取するのはけっこう大変です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です