育毛剤・発毛剤・養毛剤などの違いについて

育毛剤と呼ばれるものの中には、主に5つ存在しています。

発毛剤、発毛促進剤、育毛剤、養毛剤、スカルプエッセンスがあります。この中で最も効果が高いのが、医薬品の発毛剤です。

 

育毛剤ですが、これは医薬部外品であり、次に効果が期待されます。厳密な定義がないのが発毛促進剤です。スカルプエッセンスと養毛剤は化粧品に分類されます。スカルプエッセンスが化粧品なのは、含まれているキャピキシルが医薬部外品の成分として、認められていないためです。キャピキシルの効果として期待されているのは、毛母細胞の活性化、ならびにジヒドロテストステロンの抑制です。

 

養毛剤の目的は、主に抜け毛の予防と頭皮ケアにあります。

育毛剤と育毛シャンプーの中間のような商品が養毛剤なので、育毛剤の方がおすすめかなと思います。

意外と知られていない事実かもしれませんが、育毛剤には女の人専用の商品も存在しています。
毛が抜けてしまう原因、これは男女で異なっているので、育毛剤の中で、男女兼用として開発されたものを使うよりも女の人の髪に合った商品を使われた方がその効果のほどを体感できるはずです。
ですが、当たり前のことながら男女どちらでも使える商品を使って充分なほどに効果が出てくる人もいらっしゃるので、体質にも関係してきます。
「もしかして薄くなってる?」と思ったら気づいたその時に育毛剤を使ってみることがあなたの髪を守ることに繋がります。

 

一般的に、育毛サプリメントに含まれている成分を、今から説明します。一番最初は、男性型脱毛症を予防する成分についてです。ジヒドロテストステロンが、男性型脱毛症を引き起こしています。

ジヒドロテストステロン抑制のために育毛サプリメントに良く含まれているのは、ノコギリヤシエキスです。

 

イソフラボン、フィーバーフュー、亜鉛は、ノコギリヤシと似た働きを期待されている成分です。

 

また、発毛を促進するために、血流を良くする成分も重要です。髪の毛の構成要素となる成分のBCAAは、必須アミノ酸のイソロイシンやロイシン、バリンです。

イソフラボンとカプサイシンがIGF理論というもので、発毛を促すサプリメントも登場しています。ミレットエキスやケラチン等で、髪にタンパク質を補うという理論を重視しているものもあります。これらの成分は食事だけで摂取するのはなかなか大変です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です